子供のわきが治療

川崎中央クリニックは、お子様のわきが治療をお手伝いします。

子供のわきが(わきが)・多汗症治療は川崎中央クリニックにお任せください。
ペアドライは、体の小さなお子さまも治療が可能な、皮膚を切らない「わきが・多汗症治療」です。

◎ 子供のわきが治療をご検討されている方へ

16歳までは第二時成長があり、わきが再発の可能性があります。
しかし、16歳未満のお子様も大変多く受診されています。

  • イジメにあったらかわいそう
  • 両親、親戚で過去にわきが・多汗症治療の経験がある
  • 遺伝して申し訳ないと思う
  • 宿泊などの行事で、親が気遣ってあげられない時心配…

子供のわきがの原因

わきがの原因は、「アポクリン汗腺」と呼ばれる器官から分泌される汗にあります。アポクリン汗腺は、わきの下や乳頭の周辺、陰部やへそ周り、耳の中などに集中しており、アポクリン汗腺から分泌される汗は、ミネラル分などを多く含んでいます。この汗が、皮脂腺から分泌される皮脂と混ざることによって、雑菌や細菌の繁殖を促進し、わきが臭を引き起こすのです。

アポクリン腺は、第二次成長期に一気に増加し、活動が活発化するという特徴があります。そのためわきが臭が発生するのは、アポクリン腺の増加と活動が始まる思春期とされていました。
しかし、現在では子供の発育が良くなったこともあり、アポクリン腺が活発化する時期がどんどん低年化しており、小学生高学年頃からわきが臭が発生することも珍しくありません。
子供のわきがはアポクリン腺が急速に発達する10-12歳ころから発生します。女の子はは10歳頃から男の子は12、3歳頃から発症します。

子供のわきがが発症しやすい時期

子供のわきがが発症しやすい時期としては、小学生から中学生の、体が大人へと変化していく時期で「アポクリン腺の成長期」「ホルモンが乱れる思春期」「ヒゲが生える時期」「生理がはじめる時期」です。思春期を過ぎるとアポクリン腺の成長も終わっていきます。発症の時期は個人差もあります。

子供のわきがとストレス

わきがは強いストレスや自律神経が見られるとホルモンバランスが乱れてアポクリン腺が刺激されて臭いを発します。思春期は食生活や環境も変わりストレスを受けやすい時期でもあります。できるだけストレスを溜めず、食生活を見直すことも大切です。

遺伝による影響

わきがは遺伝によるものが多いことも事実です。
親がわきがの場合、子供も生まれたときからアポクリン汗腺の数が多い確率が高いです。
両親のどちらかがわきがの場合、約50%の確率で、両親ともわきがの場合は約90%の確率でアポクリン腺が発達してわきがを発症すると言われています。また、祖父母など家系のなかでわきがの人がいると、子供のわきがの発症率も上がります。しかし、遺伝により必ずしもわきがが発症するとは限りません。

子供のわきが対策

この数年、わきが臭が原因でいじめが発生する事案が増えており、親子で体臭に関する深刻な悩みを抱くケースも見受けられます。悩みを解消するために重要なのは、親御さんが子供のわきが治療や対策をしっかり行うということです。
子供のわきが対策を行う場合は、身体と心の両方の負担を取り除くことが重要です。
しかし、根本的な原因である「臭いの元」を取り除くことを強く希望する方が多く、実際に第二次成長を迎えていない子供のわきが治療手術を希望する親御さんも増えています。

子供のわきが対策や治療を検討する際は、子供の意思を尊重するのと同時に、リスクや危険性に関して、親御さんが冷静に判断する必要があります。

子供のメンタルケア

近年、子供のわきがや体臭を気にする親御さんが増えています。この理由としては、子供の肉体的な成長が早くなったことにより、わきが臭をはじめとした体臭の発生が低年齢化していることが挙げられます。
わきが臭をきっかけに「いじめ」にあうケースもあり、体臭の問題や悩みは、教育現場でも深刻化しています。
子供はわきがを恥ずかしいものだと思い込んでしまう傾向があり、親や周囲の人に悩みを打ち明けることができず、1人で抱え込んで追い詰められていることが多いようです。
そのため、悩みや不安を話しやすいような環境を作ってあげることを心がけ、子供の話をしっかりと聞き、理解してあげることが大切です。決して親の考えを押し付けないようにしましょう。

臭いを取り除く

身体面のケアとして、制汗剤やわき汗パッド、ミョウバン水などを使用し、臭い対策を行ってあげてください。とはいえ、子供心としては周囲の友人に気づかれ指摘されるようなことはしたくないものです。かえっていじめの原因にもなりかねません。

子供のわきが臭が発生するタイミング

わきがの原因に関係のあるアポクリン腺は、第二次成長期に一気に増加し、活動が活発化するという特徴があります。そのためわきが臭が発生するのは、アポクリン腺の増加と活動が始まる思春期とされていました。
しかし、現在では子供の発育が良くなったこともあり、アポクリン腺が活発化する時期がどんどん低年化しており、小学生高学年頃からわきが臭が発生することも珍しくありません。
子供のわきがはアポクリン腺が急速に発達する10-12歳ころから発生します。女の子は10歳頃から男の子は12、3歳頃から発症します。

子供のわきがの治療方法

子供のわきが治療は切らないペアドライ治療をおすすめしています。外科的な各手術法だと活発な子供は安静にできず血腫などのリスクも高まります。ペアドライは大切なお子様の日常生活に支障をきたすこともなく、また傷つけることなくわきが治療が可能です。

〜ペアドライ3つのメリット〜

  • 少ない治療回数で
    効果を実感!
  • 切らないから
    傷が残らない!
  • 治療時間・
    ダウンタイムが短い!

※効果や術後の経過は個人差があります。

皮膚を切らない新しい治療「ペアドライ」

川崎中央クリニックでは、子供保障制度を導入しています!

<成長期の子供対象>わきがの再発のリスクに備えて

有効期限なし、回数制限なし

何回でも 50,000円/1回 でペアドライ治療が受けられます。


「あれ?再発したかな」「また、においが出てきたかな?」
そんな時は保障制度をご利用ください。

切らない「わきが・多汗症」治療ペアドライ治療:50,000円/1回

※表示価格は税別価格となります

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

美容外科・美容整形の『美容外科形成外科川崎中央クリニック』子供のわきが治療です。

子供のわきがページトップ

院長 南部 正樹

院長 南部 正樹
  • 医学博士
    日本形成外科学会
    日本形成外科学会専門医
  • 防衛医科大学校病院 形成外科
    技術指導医
  • 中央クリニック技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

わきが治療の基礎知識

  • わきがの原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 わきが・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る