ワキガ(わきが)とは

自分は多汗症かもしれない...。自分からワキガ(わきが)のような臭いがする...。そんなお悩みをお持ちの方のために、多汗症・ワキガ(わきが)治療についての基礎知識をご紹介いたします。

ワキガ(わきが)の原因

ワキガ(わきが)の症状は、アポクリン腺と呼ばれる汗腺がニオイのもとを分泌することで発生します。
詳細をみる

ワキガ(わきが)セルフチェック

ワキガ(わきが)が気になる方は、チェックシートをご用意しましたので、一度チェックしてみてください。
詳細をみる

治療法の選び方 徹底比較

ワキガ(わきが)・多汗症の治療法は、ウルセラドライをはじめ、患者様一人ひとりの状況に合った治療法をご提案いたします。
詳細をみる

ワキガ(わきが)の原因

ワキガ(わきが)の原因は、アポクリン腺から分泌する汗にあります。アポクリン汗腺からでる汗は、運動した時や辛いものを食べた時にでる汗(エクリン汗腺から発汗)とは違う種類のものです。エクリン汗腺からの分泌が過度な症状は、多汗症と診断されます。

アポクリン腺から出る汗と皮脂腺から分泌された脂肪が混ざり、それが細菌により分解されて独特のニオイを発します。

エクリン腺

汗を出して体内の熱を放出する体温調整の役割を持ち、全身に分布されています。エクリン腺の成分は水分99%、塩分1%でできているので、ほとんど臭いはありません。エクリン腺の分布層は、皮下1mm〜と、とても浅い層に多く存在します。

アポクリン腺

わきの下、乳輪・乳頭、陰部、耳のなかなど、身体の特定部分にしかない汗腺です。臭いの元となるアンモニア・鉄分等の物質が分泌され、この汗の成分が細菌等で分解されると独特の臭いを発するようになるのが特徴です。 これがワキガ(わきが)の原因になります。ワキガ(わきが)の臭いが強い人には、アポクリン汗腺が多い、または肥大している傾向が見られます。アポクリン腺の分布層は皮下3mm〜4.5mmと深い層に多く存在します。

皮脂腺

皮脂腺から分泌される油分は皮膚や髪の毛の表面の保護や潤いを与える大切な役割があります。その分泌物には様々な脂肪酸が含まれるため、雑菌と混ざり合うことでワキガの臭いを強める働きもあります。

わきがセルフチェック!
ワキガ(わきが)というのは自分ではなかなか気づきにくいものです。「ワキガ(わきが)かな?」と思ったら、チェックシートで確認しましょう。チェック項目が多いほどワキガ(わきが)である可能性が高いといえます。

チェック項目が多かった方は、お問合せフォームまたはお電話(0120-190-929)よりお気軽にご相談ください。

ワキガと多汗症の違い

ワキガと多汗症は同じ汗関係の病気であり治療方法が似ているが、実はまったく違う病気です。
アポクリン腺から出る汗は毛穴を通して出るため、皮脂と混じり更に細菌に分解されて臭いが発生します。
エクリン腺から出る汗はサラサラしていて直接皮膚から分泌されます。
無色無臭で、ワキガとは直接関係ありませんが足の多汗症では蒸れるために細菌で分解されて臭いを発します。
症状別には、汗の臭いが気になるという方がワキガ、臭いより汗の量が多く服に汗ジミができる状況を多汗症と区別します。
ただ、実際はその両者が合併していることが多いため、両方ともワキガと呼ばれてしまう傾向があります。
ワキガと多汗症の一番の違いは臭いです。
その違いは、汗の違いによるものです。
エクリン汗腺から出る汗はほとんど水分のため、それ自体は臭いの原因とはなりません。
臭いの元となるのは、汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質です。
これらを雑菌が分解することにより、あの汗の臭いが発生します。
一方、アポクリン汗腺から出る汗にはもともと脂質やタンパク質などの成分が多く含まれています。
皮脂や角質とは違う、これらの成分を雑菌が分解する時、汗の臭いとは違うワキガ臭が発生します。

予防方法

動物性たんぱく質や脂肪を抑えた食事(和食)がお勧めです。
化学繊維(ポリエステル、レーヨンなど)の衣服はにおいを増強すると言われています。
※医学的データはありません。
衣服はコットンやウールなど天然繊維がお勧めです。
物事を深く考えすぎたり、緊張しすぎると自律神経のバランスが崩れやすくなり、汗や臭いが増えます。
精神状態は常にリラックスしていることが重要になります。

ご自身で対策する場合

治療は行わずに、ご自身で行う対策を選ばれる方も少なくありません。
現在では効果の高い体臭ケア用品も市販されています。ただし、多くはワキガに対して不十分な性能であると考えるべきでしょう。
基本的にエクリン汗腺から分泌される汗をもとに発生する「におい」を解消、あるいは抑制する目的で開発された商品群だからです。
とはいえ、すべての体臭ケア用品がワキガに対して完全に無力というわけではないので、まずはどんなタイプがあるのか、どんなメリットとデメリットがあるのか、把握しておくことをお勧めします。
ワキガの方向けの体臭ケア用品(デオドラント製品)は主に3種類です。

<ふき取りタイプ> 文字通り汗や老廃物をふき取るタイプのケア用品です。アポクリン腺から分泌された汗と皮脂やその他の老廃物が肌に付着しているためワキガ特有の「におい」が発生するのです。つまり、理論的にはふき取りシートで汚れを拭い、同時にパウダーなどの成分で汗腺をふさげば、しばらくは無臭状態になる、ということになります。

<ロールオン> デオドラント成分の肌への密着度が高いため、消臭能力が高いといわれているタイプです。
消臭成分を直接ワキの下に塗り付け、汗の分泌を抑えたり、雑菌の繁殖と老廃物の分解を遅らせたりする機能を持っています。
スプレータイプのような物と比べるとはるかに強力なデオドラント効果が期待できるでしょう。

<クリーム> こちらもデオドラント成分を直接肌に塗布するタイプで、スプレータイプとは比較にならない強力な効果を期待できます。
ふき取りタイプ、ロールオンタイプ同様、汗腺を有効成分でふさいでアポクリン腺から分泌される汗が表に出にくい状態を作ります。

セルフケアのメリット

・手軽にすぐに始められる
・痛みなどのリスクはない
・こっそり対策できる

セルフケアのデメリット

・継続的にケア用品を購入し、使い続けなければならないため長期的に見れば費用が高くなる
・色素沈着の可能性がある
・汗腺を無理やりふさぐので、効果が長持ちしないうえ皮膚の健康面でリスクがある
・効果が不十分でにおいを抑えきれない可能性が高い

ワキガのセルフケア用品と比較してワキガ治療では、汗腺に向け確実に手間をかけず治療を行うことができます。
ワキガ治療に踏み切れないままセルフケアを続けている方は、ぜひ上記のメリット・デメリットをよく検討してみていただきたいと思います。

ワキガ(わきが)の治療法

多汗症・ワキガ(わきが)治療にはさまざまな方法かございます。美容外科形成外科 川崎中央クリニック(神奈川)では、カウンセリング時にしっかりとヒアリングし、患者様に一番適した方法で治療を行っております。

ウルセラドライウルセラドライ

ウルセラドライはワキを切らない高密度焦点式超音波による治療です。
高密度焦点式超音波治療は、前立腺がんや顔面たるみ治療に用いられています。
ウルセラドライはUlthera社のUltheraTMsystem(FDA認可)を使用し、ワキガ(わきが)・多感症の原因で汗腺の層(アポクリン腺)に焦点をあわせ、限局的な熱損傷を与えることで、発汗やニオイを抑える治療法です。
詳細をみる

ビューホットビューホット

ビューホットは全身どこでも治療可能な皮膚を切らずにRF(高周波)でわきが、多汗症の原因であるエクリン腺、アポクリン腺を破壊する全身多汗症治療です。高周波治療のミラドライと比べて1/3程度と短時間で施術後の制限がないのが特徴です。また、他の治療後(手術、注射による治療)でも施術可能です。
詳細をみる

ペアドライペアドライ

川崎中央クリニックなら、ワキガ(わきが)・多汗症でお悩みの方は、ペアドライ治療が可能です。長期的(ほぼ永久的)に気になる臭いや汗をおさえられる、画期的な治療法です。ワキガだけではなく、スソワキガ、チチガにも最も有効な治療法です。
詳細をみる

注射による治療注射による治療

注射による治療は、気になる部分に発汗を抑制する製剤を注射することによって、汗を分泌する汗腺の働きを抑える治療です。治療時間は15分で、腫れもなく気軽にできる多汗症治療として人気の治療です。
詳細をみる

剪除法(せんじょほう)剪除法(せんじょほう)

剪除法は、わきのシワに沿って3cmほど切開、ワキ全体を剥離し、目で確認しながら直接皮膚裏にあるアポクリン腺を切除する治療方法です。傷跡は時間が経つと、わきのシワに隠れます。
詳細をみる

治療法の選び方 徹底比較

ワキガ(わきが)の治療法は複数ありますが、効果の高さで選ぶなら「剪除法(せんじょほう)」など、皮膚を切開してワキガ(わきが)の原因となるアポクリン腺を取り除く方法が一般的でした。しかし、手術による治療法は傷あとが残りダウンタイムも長いという問題もあります。手術以外では注射による治療法が上げられますが、効果は薄く、持続性が他の治療に比べ低いため効率のよい治療とはいえませんでした。ペアドライは、これまでのワキガ(わきが)・多汗症治療のデメリットをなくした効果の高い治療とされています。

当院では、患者様1人ひとりの状況に合った治療法をご提案いたします。
  PairDRY 他のレーザー装置による治療 一般的な手術 注射による治療
1回の治療効果 高い 中等度
(2回以上必要)
高い 多汗症治療
(軽度のワキガ(わきが)に有効)
持続性 長期的 中〜長期的 長期的 4ヶ月〜半年
傷跡の有無 なし なし あり なし
わきが治療 有効 有効 有効 有効(軽度の場合のみ)
多汗症治療 有効 有効 効果あり 有効
治療時間 40分 40分 2時間程度 15分
日常生活の影響 問題なし 問題なし 最低1週間の安静が必要 問題なし
治療費

川崎中央クリニックのわきが治療 ここがポイント!

1.当日から普段通りの生活が可能
川崎中央クリニックのわきが(ワキガ)・多汗症治療は、全て切らない治療です。そのため固定や安静は全く必要ありません。
2.院長が担当します
川崎中央クリニック(神奈川)では、治療の全てを院長が担当いたします。効果の高い治療法を積極的に取り入れ、ワキガ、スソワキガ、チチガ、全身の多汗症など、部位別、お悩み別に合った治療をお約束します。
3.症状別に選べる治療
ワキガ、多汗症といっても症状は様々です。全てのお悩みに対応できるように、どこにポイントを絞って治療することが効果的か、切らないワキガ治療、多汗症治療を機械別にご案内します。
4.カウンセリングは専門の女性スタッフが対応
完全個室で、あなたのお悩みを解消いたします。ワキガ(わきが)はデリケートなお悩みです。お気軽にご相談ください。ワキガ(わきが)・多汗症・ワキガ(わきが)治療のメリット・デメリットをきちんとご説明し、あなたに合った最適な治療法をご提案いたします。
5.完全予約でスムーズな治療
完全予約制となっておりますので、お電話または予約フォームよりご予約の上ご来院ください。

またクリニックまで、神奈川県川崎駅東口より徒歩1分とアクセス良好です。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る