全身から汗がでる。全身多汗症の原因

全身から汗がでる。全身多汗症の原因

全身性多汗症は、手のひらや足の裏、脇などだけでなく、胸や背中、お尻などを含め、全身にわたって過剰な発汗がみられる病気です。全身性多汗症は、脇や手のひら、足の裏などの局所性多汗症と違い、まだハッキリとした原因が解明されていません。
今回はこの、いまだ謎の多い全身性多汗症について考えていきたいと思います。

全身性多汗症の特徴

全身性多汗症の特徴は、胸や背中、お腹やお尻など、通常発汗しないような場所にまで汗が出るという点にあります。

人間の身体には、至る所に毛穴と汗腺が広がっていますが、場所によって密度が違い、発汗機能の発達具合も異なっています。例えば、頭部などの脳に近い部分は体温の調整が非常に重要となるため、汗腺の密度が高く、機能的にも発達しています。一方、胸元やお腹などは汗腺があるものの、通常、発汗量は少ない傾向にあります。

しかし、全身性多汗症を発症すると、これら通常あまり汗をかかない部分も含め、突如として全身に大量の汗をかくようになります。現状、胸や背中、臀部などの部位に関しては多汗症の治療法が確立されていないこともあり、この病気に対して大きな悩みを抱いている方も少なくありません。

全身性多汗症の原因

全身性多汗症に関しては、まだまだ不明な点が多く、根本原因についても解明されていないというのが実情です。しかしながら、全身性多汗症を引き起こす要因として、以下のようなものがあると考えられています。

自律神経の異常

局所多汗症と同じように、全身性多汗症の症状がみられる方の多くに、自律神経の異常が見つかるケースが多いとされています。

ストレス

日常的に強いストレスを感じている方は、交感神経が常に刺激されてしまうため、汗をかきやすくなります。このことが、全身性多汗症の症状を引き起こすと要因の一つとみられています。

肥満

皮下脂肪や内臓脂肪の量が増えると、体温調整が正常に行えず、汗が大量に分泌されます。肥満は様々な病気を引き起こす要因となりますが、全身性多汗症もそのひとつ。

全身性疾患

全身性多汗症は、糖尿病や甲状腺機能亢進症、副腎腫瘍、リウマチといった病気と共に発症する場合があります。そのため、これらの病気が主原因となり、体温調節を行う中枢神経障害の症状の一つとして、全身性多汗症が現れるのでは?という見方があります。

全身性多汗症の治療方法とは

全身性多汗症は、様々な要因が複雑に絡み合って発症していると考えられるため、根本的な治療法が見つかっていないという問題があります。また、症状の出方や幅について個人差が大きいため、患者さんそれぞれの状態に応じた治療が必要となります。
まず症状を引き起こしている要因や原因を的確に掴むことが重要となってきますので、全身を濡らすような過剰な発汗にお悩みの方は、全身の多汗症治療を行っている専門医の診断を受けてみることをおすすめいたします。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る