味覚性多汗症の原因

味覚性多汗症の原因

「味覚性多汗症」という症状をご存じでしょうか。これは味覚を刺激したとき、つまり何かを食べたときに、異常に発汗する症状のことです。食事の際に大量の汗が出ることで悩んでいる人は、もしかしたらこの病気かもしれません。ここでは、味覚性多汗症について原因や対策法を紹介していきます。

味覚性多汗症の症状とは

辛味や酸味の強い刺激物を食べると、多くの人が汗をかきますが、これは「味覚性発汗」といって、刺激物を食べたことで血行が促進するために発汗するという、ごく当たり前の生理現象だとされています。
一方で「味覚性多汗症」は、このようなシーンでかく汗の量が異常に多くなる症状のことです。カレーやスパイスの利いた料理、熱々の鍋物など刺激の強いものを食べると、尋常ではない量の汗が出て止まらなくなるのです。

汗をかく箇所は個人差があるものの、頭部や額、鼻の周りなどが多いようです。人によってはわきや背中にかくこともあり、広範囲に渡って汗でビショビショになってしまうケースもあるとされています。症状が酷いと刺激物だけでなく、何を食べても汗が出てしまうことがあり、食事の度に大量の汗をかくようになると、かなりの重症だと言えるでしょう。また、この症状により汗をかくことを恥ずかしく考えるうちに、拒食症やうつ病などを併発してしまうこともあります。

味覚性多汗症になる原因

味覚性多汗症はさまざまな多汗症の中でも、精神面の影響が大きい症状だと言われています。これは緊張したときに冷や汗をかくのと同じ原理で、不安や恐怖、動揺などのストレスが原因となって起こる現象だと言えるでしょう。

また、一度味覚性多汗症になってしまうと、「また汗をかいたらどうしよう」と考えて、余計に発汗してしまうことは少なくないようです。最初のきっかけは辛いものを食べたときにかいた、少しの汗だったかもしれません。しかし、それが嫌な思い出となってしまうと、次の機会に不安や恐怖といったストレスになり、また汗をかいてしまいます。それが悪循環となり、どんどん重症化してしまうわけです。

味覚性多汗症の対策法について

味覚性多汗症は精神面が大きく関係してくることから、改善するにはメンタルケアが重要です。「汗をかくのは当たり前」、「汗をかいたって別に良い」と開き直り、食事中に汗をかいても堂々としていましょう。着替えやタオルを用意しておくと、安心して気持ちが楽になるかもしれません。

また、誰かと食事するときは、汗をかく原因となる辛味や酸味の強い食べ物は避けるようにすると良いでしょう。あらかじめお店をリサーチしておくと、当日に何を食べようか焦らず安心できます。そして、ひとりで食事をするときには、少しずつ刺激物を食べて身体を徐々に慣らしていきましょう。どうしても改善されない場合や汗の量が酷すぎて生活に支障が出るような場合は、クリニックに一度相談してみてください。

食事中の汗について悩んでいる人は少なくありません。正しい知識を身に付けたり対処法を実践したりすることで改善されることもあるので、一人で悩まず周りの人やクリニックに相談してみましょう。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る