ワキガは通常の汗の臭いとは違います

ワキガは通常の汗の臭いとは違います

夏よりは幾分涼しくはなって来ました。
しかし、それでも昼間はまだ日差しが厳しいですから、汗もかいてしまいます。

よく間違えている人がいますが、汗の臭いとワキガの臭いは別物です。

汗臭いはいくらキツくなっても、ワキガの臭いには変化せず、
逆にワキガのニオイが軽くなっても汗の臭いに変わる事はありません。

ワキガは汗と同じ汗腺が問題の疾患ですが、汗腺でも「アポクリン腺」と言う汗腺が原因で起きる疾患です。

本来、汗腺には2種類あり「エクリン腺」と言う分泌腺と「アポクリン腺」と言う分泌腺があります。
全身にあるエクリン腺と違い、アポクリン腺は主に脇の下や陰部、肛門周辺や耳の中、そして乳輪に多く存在します。

アポクリン腺の成長度合いによって、ワキガかそうではないか分かれてきます。
つまり、「汗が多いからワキガになる」や「汗の臭いがきついからワキガかもしれない」と言うのは少々間違った考え方と言って良いでしょう。

ワキガは遺伝する!

まず、多汗症は汗の臭いであると言う事を忘れないでいただきたい所です。 ワキガの特徴はニオイです。
普通の汗の臭いとはまた違ってきます。
ニオイの種類としては、汗の臭いと違い
「ツーンとしたニオイ」「タマネギの様なニオイ」「スパイスの様なニオイ」「ドリアンの様なニオイ」と色々表現されています。
これも人によって若干違ってきますが、ワキガの臭いの元は一つです。

ワキガの臭いの元は「アポクリン腺」と言う汗腺からの分泌液が身体の常駐菌により分解される時に、独特なニオイを発生させます。
このニオイこそが「ワキガの臭い」なのです。

問題の「アポクリン腺」ですが、これは人によって数と成長の度合いが違います。
その度合いが高い方が分泌量も増える訳ですから、必然的に臭いは強くなります。

ニオイの種類や強さは、食事や体質により有る程度変わって来ます。
脂分の多い物、バランスの良くない食事をする事でニオイが強くなる可能性が高くなります。

多汗症はニオわないの?

ワキガの困った所は「遺伝をする」と言う事です。
血縁者にワキガの方がいる場合は、自分もワキガの「可能性がある」と考えていでしょう。

ただ、ここで注意しておきたいのは、遺伝でワキガ因子を受け継いだとしても、
必ずしもワキガを発症する訳ではないと言う事です。

ワキガは主に思春期に発症し始めると言われています。
これは思春期のホルモンバランスの変化によるモノだと言われていています。
もちろん、思春期では無くても発症する可能性はありますので、
「思春期に発症しなかったから大丈夫」と言う油断は少々早いかもしれません。

しかしながら、仮に両親がワキガだと気がついた場合も落胆する必要はありません。
ワキガは治療をする事で治す事が出来ます。

治療方法としては原因である「アポクリン腺」を除去する事です。

アポクリン腺を除去する方法

さて、問題のワキガ治療の方法ですが、
アポクリン腺を除去すると言うう事は先に述べたので分かって頂けたと思います。
しかしながら、どうやって、どのようにして除去をするのか?
と言うのを疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?
そもそも、そう言う事が可能なのか?
そう思うのも当然です。

アポクリン腺は汗腺ですので、皮膚下、身体の中にあります。
しかも無数に存在するので、どれだけ時間がかかるのだろうか?

疑問に思う事は沢山あると思います。

それは当然の話です。

アポクリン腺除去には大きく分けて2種類あります。
メスを使い切開し、皮膚下を露出させアポクリン腺を目視で確認し除去する方法。
メスを使わず、切開をせずにアポクリン腺を皮膚の外から除去する方法。

この二種類に分けられます。

それぞれメリットデメリットはありますが、それを踏まえても、
オススメ出来る方法が切らないで除去する方法です。
切らないでアポクリン腺を除去する方法としては「ウルセラドライ」や「ペアドライ」があげられます。
中でも「ペアドライ」は非常に優秀で、
2種類の除去方法「ウルセラドライ」と「ビューホット」の二種類を併せた最新治療です。

このペアドライは超音波と高周波の両方を使い汗腺を除去していきます。
二種類の照射でアポクリン腺の取りこぼしがほぼ無くなり、治療は一度で完了する事が殆どです。
その一度の治療は約40分、この施術時間の短さはかなりメリットになり、時間が限られている人も治療を受けやすくなります。
切開をしてしまうとどうしても術後に制限が出来てしまいますが、
ペアドライは術後の制限(ダウンタイム)がほぼ無いので、当日シャワーを浴びる事も可能です。

切開もありませんから、傷口も無く見た目も綺麗なのが特徴です。

もちろん、アポクリン腺の除去率も非常に高く、
ワキガはもちろん、多汗症も同時に治療をする事が可能です。

悩みが増えてしまう前に

ワキガは非所に悩みやすい疾患です。
世界的に見ても日本人は特に臭いに過敏だと言われていますので、
臭いの強いワキガになると尚更厳しい視線や言葉を浴びせられる事もあります。
そうなると心も傷つき精神的にもダメージを負ってしまいますので、
身体も心もキズが深くなる前に、一度クリニックに相談に来てください。

一緒にその悩みを解決していきましょう。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る