臭い汗と臭くない汗の違いは?

臭い汗と臭くない汗の違いは?

同じ運動をして汗をかいたのに、ほとんど汗の臭いを感じさせない人と、逆に、汗の臭いがきつく、周囲から距離をとられてしまうような人がいます。
この汗の臭いの違いは、どうやって引き起こされているのでしょうか?

なぜ汗は臭い?


どなたでも感じたことのある汗の臭いですが、実は汗自体に臭いはほとんどありません。例えばサウナに入り、大量の汗をかいても汗臭さを感じないはずです。もし汗自体が臭ければ、狭いサウナの中では相当な臭いが充満してしまいます。これでは熱さの前に臭いでギブアップです。
身体の表面や服に付着している雑菌が、実は汗の臭いの原因。汗を栄養源にして繁殖した雑菌が、臭いを発生させます。そのため、汗をかいた直後には臭いはほとんどなく、しばらくしてから汗臭くなるのです。

臭い汗と臭くない汗の違いはどこにある?


では、同じだけ汗をかいても、臭いのきつい人とほとんど臭わない人がいるのは何故でしょうか。これは汗の質によるものが大きな要因となります。

全身にある汗を作り排出する汗腺は、一度血液に含まれる血漿(けっしょう)を取り込みます。その後血液に血漿の成分を戻し、残った水分とわずかな塩分を汗として排出します。こうして排出された汗は、サラサラしていてすぐに蒸発し、皮膚表面からすぐになくなります。これが本来の汗のかき方です。
しかし、汗腺の機能がうまく働いていないと血漿の成分が血液中に戻りきらず、ミネラル等の血漿成分が汗と合わせて排出されます。こうした汗はベタベタしていて蒸発しづらく、肌に残りやすくなります。

サラサラの汗は、皮膚が本来あるべき弱酸性となっており、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑える働きをします。しかし、ベタベタの汗は血漿に含まれる重炭素イオンを含んでいるため、アルカリ性の汗になります。アルカリ性の汗だと雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの原因となるのです。

慢性的な運動不足で空調のきいた部屋にいることが多いと、汗腺の機能が低下しベタベタした悪い汗となってしまいます。そのため、日頃汗をかくことが少ない現代人は悪い汗をかく人が増えていると言えます。

汗の臭いが気になるような場合は、専門医での治療をおすすめします。症状が重度の方にとっても有効で、短期間で非常に高い効果が期待できます。
また、自分の汗の臭いや状態は、なかなか自分でわからないもの。専門医でのカウンセリングでは、自分の汗の状態を詳しく知ることができるので、適切な治療や対策が行なえます。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る