これは病気?汗かきと多汗症の違い

これは病気?汗かきと多汗症の違い

汗の量で悩む人には、「汗かき」の人と「多汗症」の人で分類されます。どちらも「人よりもたくさん汗をかく」という点で共通していますが、その原因や症状は異なります。
そこで今回は、汗かきと多汗症の違いについてご説明していきたいと思います。

汗かきとは?


汗かきは気温の上昇や、運動をした時など、体温調節のために汗をかくことが通常よりも敏感で、他の人が汗をかく一歩手前の段階で汗をかいてしまいます。また、汗の量も人より多く、全身から汗が出ます。汗をかくこと自体は自然な生理現象のため、病気ではありません。しかし、びっしょりと濡れてしまう汗は人目も気になり、汗かきで悩む人は多くいます。

多汗症とは?


一方、多汗症は気温や運動は関係なく、適温でリラックスできるような環境であっても汗をびっしょりとかいてしまいます。また、顔、手のひら、足の裏等、局所的に汗をかくことが多いのも特徴です。発汗本来の機能である体温調節のためではなく、何らかの身体機能の疾患によるもので、汗かきとは異なり多汗症は病気です。そのため、早めに専門医の診断を受けることをおすすめします。

多汗症の種類と特徴


多汗症には大きく分けて「全身性多汗症」「局所性多汗症」の2つがあります。
全身性多汗症は全身に症状が見られ、局所性多汗症は特定の部位で大量の汗の分泌が見られます。それぞれの特徴は以下の通りです。

全身性多汗症

全身性多汗症は、多汗部位が全身に見られ、全身に大量の汗をかくという特徴があります。
全身性多汗症は、生まれつきの体質的なものと、糖尿病や婦人病、更年期障害などの疾患が原因で起こるものがあるとされています。また、ホルモンバランスの乱れや妊娠が原因で発症するケースも見られます。

局所性多汗症

多汗症の多くを占めるのが、局所性多汗症です。手のひらやワキ、足の裏、頭部など、身体の特定の部位にのみ多量の汗をかくのが特徴です。主な原因として、精神的なストレスや自律神経の乱れ、ホルモンバランスの崩れなどが挙げられます。
局所性多汗症は、汗をかく部位によって以下のように病名が分けられています。

  • 手のひらに症状がでる場合:手掌(しゅしょう)多汗症
  • 足の裏に症状がでる場合:足蹠(そくせき)多汗症
  • 頭部に症状がでる場合:頭部多汗症
  • 脇の下に症状がでる場合:腋窩(えきか)多汗症
  • 顔に症状がでる場合:顔面多汗症

多汗症は汗かきと異なり、身体の機能に異常が生じて起こる病気ですが、適切な治療により改善することが可能です。汗でお悩みの方は、何かしらの自覚症状が見られた時点で、専門医による診察を受けることをおすすめいたします。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る