夏より冬の方が脇汗が臭うって本当?

夏より冬の方が脇汗が臭うって本当?

皆さんは「冬はほとんど汗をかかないのに、脇の臭いが気になる……」と感じたことはないでしょうか? 人によっては、暑い時期よりも寒い時期の方が脇汗の臭いがキツくなることがあります。なぜ汗をたくさんかく夏よりも、汗をかきにくい冬に脇汗が臭うのでしょうか。ここでは、その理由と対策を説明します。

夏よりも冬の方が脇汗が臭いのはなぜ?

汗対策と言えば夏に行う、というイメージをもつ人は多いでしょう。しかし冬の方が脇汗が臭うことをご存知でしょうか。寒い時期になぜ脇汗が臭くなりやすいのか、その原因を以下で見ていきましょう。

厚着のせいで脇が蒸れる

夏は、薄着をしたり通気性の良い服を着ていたりするので、汗をかいてもすぐに蒸発します。一方で冬は、どうしても厚着になりがちです。保温性の高いインナーやセーターを何枚も重ね着することで、汗をかいても蒸発することなく、洋服の内側にこもってどんどん蒸れてしまいます。そんな状態では臭いの元となる雑菌が繁殖し、重ね着した衣服の中で臭いが濃縮されてしまうのです。

水分摂取量が減り、汗が濃くなる

夏はサラサラとした汗が出るのに対し、冬はベタベタした汗が出やすいです。これは夏は暑いので水分摂取量が多くなりますが、冬は水分を摂る量が減ってしまうため汗が濃くなりやすいのです。さらに空気も乾燥しているので、知らないうちに脱水症状になることもあります。すると体内の水分量が減り、臭いの原因となる汗の成分が濃くなります。汗の成分が濃くなればそれだけ臭いもキツくなってしまいます。

冬は基礎代謝が高く、気づかないうちに汗をかいている

冬は夏よりも基礎代謝が高くなると言われます。冬は寒いため、体温を維持するエネルギーを夏よりも多く使う傾向にあるからです。ですから冬は少し動いただけですぐに汗をかいてしまい、特に暖房のきいた部屋などでは、気づかないうちに脇汗をかきがちです。また、冬は夏に比べてあまり汗対策をしないことが多いため、余計に臭いが強くなる傾向にあります。

冬にできる脇汗の臭い対策

では、冬にキツくなる脇汗の臭いを抑えるにはどうしたら良いのでしょうか。日常生活の中でできる対策は以下の通りです。

こまめに汗を拭きとる癖をつける

脇汗の臭いを抑えるには、臭いの元となる雑菌を繁殖させないことが大切です。冬でもこまめにティッシュや抗菌シートなどで脇汗を拭くように習慣づけましょう。

通気性、吸湿性の高い服を着る

脇が蒸れないように衣服を調整することも大切です。通気性や吸湿性が高い下着を身につければ、汗をかきにくくかいたとしてもすぐに吸い取ってくれるためあまり臭いません。

こまめに水分補給をする

体内の水分量を増やすためにも、意識して水分を摂取しましょう。身体を冷やさないために飲み物は常温か温かいものをおすすめします。

汗を積極的に出すように心がける

半身浴をする、軽いウォーキングをするなど、日ごろから適度に汗を排出することで、体内の余分な塩分や老廃物を体外へ出すことができ、ベタベタした汗をかきにくくなります。

汗をかかないから臭わないだろうと油断しがちな冬ですが、コートを脱いだときなど、夏以上に悪臭を感じることがあります。寒いからといって臭い対策を怠らないようにしましょう。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る