自分の体臭が気になる。自己臭恐怖症

自分の体臭が気になる。自己臭恐怖症

老若男女問わず、自分の体臭が周囲の人に不快感を与えてしまった場合、強いショックを受けるものです。他人に体臭や口臭について「クサイ」と言われたことがある方は、自分の発する臭いについて過敏になり体臭や口臭のことが終始頭から離れない、なんて経験をしたことがあるのではないでしょうか?
今回は、自分のことを「クサイ!」と思い込むことによって発症する「自己臭恐怖症」についてご説明していきたいと思います。

自己臭恐怖症の特徴

自己臭恐怖症は、自己臭症、自臭症とも呼ばれる精神疾患の一つです。
自己臭恐怖症の特徴は、実際にはそれほど強い体臭や異臭を発していないのに「自分の臭いが周囲に不快感を与えている」、「臭いのせいで周りの人に嫌われている」と思い込んでしまうことにあります。
また、自分の体臭や口臭に関して頭から離れなくなり、他人の咳払いや手で鼻を覆うといった仕草や行動に過剰に反応し「自分がくさいから、ああいった行動を起こされている」と解釈し、落ち込んでしまうという反応も見られます。

自己臭恐怖症はその特徴や症状ゆえに、なかなか周囲に打ち明けられないことがあるため、実際の患者数は把握されている以上の数がいると言われています。

自己臭恐怖症の症状

自己臭恐怖症は、対人恐怖症と深い関係があると言われており、対人関係による症状としては下記のようなものがあります。

  • 自分の臭いを気にして対人関係を避けてしまい、集団や社会から孤立する
  • 他人の行動やしぐさに過敏に反応し、自分の臭いがそうさせているではないか? と疑ってしまう

対人関係以外では、「自分が臭うと思い込み、体臭や口臭のことが頭から離れなくなる」、「歯磨きや入浴、消臭対策に過剰に没頭する」、「体臭や口臭に意識が持っていかれてしまい、仕事や日常の大切な事柄が手につかなくなる」といった症状があるようです。

自己臭恐怖症の改善 初めの一歩

自己臭恐怖症の改善において、最初に行いたいのが「本当に体臭、口臭がひどいのか」という点を明確にすることです。そのため、自分の臭いが気になって仕方がないという場合は、まず歯科や皮膚科、内科などの専門機関へ足を運び、体臭や口臭に関して相談することが第一歩となります。臭いが本当にあるにしろないにしろ、専門家の意見を聞き、正しく事実を知ることができれば、自分の臭いに対する恐怖心も和らぐはずです。

その結果、本当に体臭や口臭がするのであれば、臭いに関する治療を行うことになりますし、周囲に不快感を与えるような臭いを発していない場合は、精神科や診療内科でカウンセリング治療などを受けることになります。

自己臭恐怖症は「自分が臭いを発している」という思い込みが強いため、はじめから精神科や心療内科での受診をする、という考えが浮かびにくいという一面があります。しかしながら、体臭、対応するクリニックを受診し、自分の状態を相談することで、適切な診療科を指導してもらうことも可能です。

自分の臭いが気になって仕方がない、気持ちが落ち込んでしまうという場合は、まず、体臭治療の専門医へ相談することから始めましょう。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る