ポリエステル素材は臭い倍増!?わきが対策の服装

ポリエステル素材は臭い倍増!?わきが対策の服装

わきがの臭いというと「わきの下の肌が臭っている」というイメージが強いですが、臭いの元はそれだけではありません。実はわきがの臭いは、身につける服が発生源となっているケースも少なくありません。
実際、わきがの方の中には、ポリエステル製など、特定の服を着ると臭いがきつくなる、という悩みを持つ方もいるのです。
そこで今回は、わきが対策を服装の面から考えていきたいと思います。

わきがはなぜ服からも臭うの?

わきがの臭いは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌された汗が、肌や体毛の常在菌や雑菌によって分解されることで発生します。臭いの発生源は肌の表面だと考えられがちなのですが、実際は、わきから出た汗を吸い込んだ衣服に菌が繁殖し、その服自体が臭いを発するケースも少なくありません。

また、高温多湿な環境は雑菌の繁殖にとっては最適なため、ポリエステルなど、通気性、吸水性が優れない素材の服は、特にわきがの臭いを発しやすいものとなります。服装面からわきが対策を行う場合は、風通しの良い、肌に密着しないデザインの服を選び、素材は「吸湿性」、「速乾性」、「通気性」の良いものを選択するよう心がけましょう。

素材を意識しながら衣服を選ぶ

わきがを軽減させるためには、汗をかいても蒸れにくくすることが大切です。蒸れにくい衣服を選ぶ際に気をつけたいのが、その衣服の素材です。上記で、吸湿性、速乾性、通気性の良い素材を選ぶことをおすすめした通り、この性質を併せ持った素材は、蒸れにくい環境を作るのに欠かせないものです。
そこで、わきが対策に効果的な素材と、臭いを悪化させる素材をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

わきが対策に効果的な素材(主に天然素材のもの)

綿:吸湿性や通気性に優れる
麻:吸湿性、通気性、速乾性に優れ清涼感があり、素材として丈夫
絹:通気性と放湿性が高い
羊毛:吸湿性と保湿性に優れ、織り方によっては通気性も期待できる

わきがの臭いを悪化させる素材(主に化学繊維のもの)

ポリエステル:通気性、吸水性が低く、汗を留めやすい
ナイロン:通気性が悪く、汗をわきに溜めやすい
ポリエチレン:吸水性が低い
アクリル:速乾性はあるが、吸湿性が低い

この分類をみると、わきが対策に向いている素材は天然素材、向いていない素材は化学繊維であることがお分かりいただけると思います。衣服を選ぶ際は、素材が天然素材でできているか、しっかりチェックしてみて下さいね。

わきが対策のための服装を見直す

わきがの臭いを緩和する服装を考える場合、通気性を重視する必要があります。では、わきの下を常に解放しているノースリーブやタンクトップは、わきが対策として適しているのでしょうか? 答えは「NO」です。確かに、ノースリーブやタンクトップはわきを開放的にできますが、わきを覆うものが何もないので、臭いがもれやすくなります。

わきが対策に適した服装は、全身を包みながら肌にぴったりと密着しない、ゆったりとしたサイズのものです。加えて、最近では「消臭」、「吸汗速乾」といった、体臭軽減効果のある機能素材の下着なども販売されているので、こういったアイテムを併用するのもおすすめ。
また、衣類の脇の部分に汗がしみこむのを防ぐため、汗わきパットなどを利用するのも良いでしょう。汗わきパットは汗をすぐに吸収してくれますし、単体で取り替えるタイプのものもありますので、わきが対策には高い効果を発揮してくれます。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る