30代以上は要注意! 加齢臭の原因は?

30代以上は要注意! 加齢臭の原因は?

中年期を迎えた男女を悩ませる「加齢臭」。ある化粧品会社の研究によって1999年に発見されたこの臭いは、脂っぽくて青臭く、年季の入った古本やロウソクなどを思わせます。加齢臭は一体どのようにして発生するのでしょうか? 気になる原因と対策に迫ります。

加齢臭の原因は?

加齢臭とは、皮脂腺から分泌された脂肪酸が酸化して生じる「ノネナール」という物質の臭いです。若い頃はどんなに脂肪酸が分泌されてもホルモンの働きが酸化を抑制してくれますが、30代半ばを過ぎた頃からホルモンの働きが徐々に衰え始め、抑制力も低下。その結果、体臭成分「ノネナール」が急増し、加齢臭と呼ばれる臭いを放つというわけです。

主な発生源は、胸や背中、耳の後ろなど、皮脂腺の数が多い場所。中でも皮脂腺が集中している耳の後ろは衣服で隠すことができないため、他の部位より臭いを感じやすいと言われています。

30代から要注意! ミドル脂臭

加齢臭よりも、ひと足先に悩むことになるのが「ミドル脂臭」。30代から40代のいわゆる“ミドル世代”の男性が発する臭いで、女性には少ないようです。臭いを発するメカニズムも加齢臭とは異なります。
加齢臭の原因が「ノネナール」であるのに対し、ミドル脂臭の原因は「ジアセチル」。汗に混じった乳酸が、皮膚の常在菌によって代謝、分解されることで発生します。ジアセチルは“使い古した油”のような臭いと言われ、その拡散力はなんとノネナールの100倍!
主に、後頭部からうなじにかけての場所が発生源で、臭いのピークは40歳前後だとか。

加齢臭は耳の後ろ、ミドル脂臭は後頭部と、どちらも自分では嗅ぐことができない部位から臭いが出るため、どちらも“自分では気づきにくい”のが厄介なところ。混雑した場所では、ちょうど耳の下や襟足の位置に女性の鼻が来やすいため、パートナーや配偶者、女性の部下などに指摘されて初めて自覚する――というパターンも多いようです。

加齢臭、ミドル脂臭の対策


加齢臭の原因物質「ノネナール」は、皮脂に含まれる脂肪酸の酸化によって生じます。皮脂量を増やしてしまう高脂肪、高たんぱくの食事を改善し、抗酸化作用の高い食材――バナナ、カボチャ、ニンジン、キャベツなどを積極的に摂ることで、ノネナールの生成を抑えることができるでしょう。

ミドル脂臭の原因物質「ジアセチル」を抑えるには、汗に含まれる乳酸を減らす必要があります。乳酸は血行不良によって過剰に分泌されるため、加齢臭の対策と同じく肉類中心の食事を避けて血流を改善するしょうがや玉ねぎなどをたっぷり摂取することをおすすめします。

また、乳酸は不規則な生活やストレスによっても分泌量が増加しますので、規則正しくストレスをためない毎日を送ることも効果的です。
そして、加齢臭とミドル脂臭のどちらにも効果のある対策が「禁煙」。タバコは脂肪を酸化させてノネナールの生成を助ける上、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させて血流を悪くし、ジアセチルの生成も促します。

もちろん、加齢臭の場合は耳の後ろ、ミドル脂臭の場合は後頭部を清潔に保つこともお忘れなく!

公私とも充実してくる中年世代の男女を襲う加齢臭&ミドル脂臭。食事の改善や禁煙が臭いの改善につながるということは、「体調を崩しやすい中年世代だからこそ健康に気遣うべき」という自分の身体からのメッセージかもしれません。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

悩みに答える。汗と臭いの改善コラム

院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る