ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!

冬の体臭対策とは

夏は汗をかきやすく、体や服の臭いの対策に気をつけやすいですが、冬はコートなどで隠れているので気づかれにくい気がしますよね。
でも実は、冬だからこそ気をつけるべき臭いがあるのをご存知ですか?
今回は、冬に気をつけたい体臭対策をご紹介します。

 

1.ブーツなどの靴による足の臭い

ブーツ、靴

女性も男性も、冬場は寒さ対策と雪などの天候のためにブーツを履く季節ですね。ですがそれだけ温度が保たれる分、
熱がこもりやすく、汗をかいて蒸れてしまいます。そしてその汗が靴にしみこむと
そのブーツの臭いはなかなか取れず、やっかいな臭いの元になってしまいます。

まず、履いた後は靴の中を乾燥させましょう。できれば隔日に使って天日干しをするのがよいですが、
毎日使う場合は新聞紙を詰めて水分を吸わせるだけでも効果的です。

そして、根本的なことですが、足は毎日清潔にしておきましょう。靴を履くときはできるだけ
厚手の靴下を履いて汗を吸い取りやすくしておくと、
靴にも臭いが付きにくく、足もジメジメを感じにくい環境が保てます。

 

2.汗によるワキの臭い

シャツのにおいに辟易するビジネスマン

冬の外は寒いですが、電車や室内の温度が高いと、自覚していなくても服の中で汗ばんでいることがあります。
例えば、1日着たインナーを、汗をかいていないからと洗濯をせず何回も着ていると、
知らないうちにワキの部分に汗染みができてしまい、そこから臭いを発してしまうことがあります。

また、厚い服の中で汗が蒸れ、ワキの臭いがより気になることがあるので、冬でも体と下着は清潔に保ちましょう。

気になるときはワキの汗を吸い取るパッドなどをインナーに入れておくといいです。

 

3.頭皮の皮脂による臭い

頭皮の匂い
冬は乾燥するため、フケが気になりがちですが、乾燥することで
逆に皮脂の分泌が高くなる
季節
でもあります。
そのため、皮脂による頭皮の臭いも気になりやすくなります。

冬でも毎日頭皮の皮脂をしっかり洗い流して、
清潔を保ちましょう。洗うときは髪よりも頭皮を指の腹でしっかりマッサージすることが重要です。
もし乾燥によるフケが気になる場合は、フケをケアできる頭皮に優しいシャンプーを選んで使いましょう。

また、シャンプーやトリートメントを洗い流し残しも皮脂の原因になりますので、すすぎもしっかり行ってください。

 

4.毛穴の皮脂や汚れによる臭い

毛穴の匂いを落とす

部位に限らず、全身に言えることですが、冬は夏に比べて汗をかきにくいので毛穴に皮脂や汚れが残りやすいです。

しっかり汗をかいて流すために、シャワーではなく入浴を心がけましょう

老廃物を汗によって流すことで、今後の汚れと臭いの蓄積を防ぐことにつながります。

 

参考

体臭の原因対策BOOK

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る