ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!

見落としがちな胸のにおい対策

 

見落としがちな胸のにおい対策

14 
 
暖かくなってきて汗ばむことも増えてくるこの季節、気になってくるのが体のにおいですね。 
ワキや足、頭などのにおいは気にして対策する方が多いですが、意外と見落としがちなのが胸です。  

胸は、汗や皮脂の分泌の多い箇所。自分では気づいていなくても、実は胸のあたりがにおっている場合も。 
そんな見落としがちな「胸のにおい」についてお伝えします。 

見落としがちな胸のにおい① 汗くさいにおい

 
15 
 
いわゆる「汗くさい」すっぱいにおいは、汗をかいたところに皮膚表面の常在菌が増殖するために起こります。 
常在菌が、皮脂や角質などを分解する時ににおいが発生するのですが、通常時はほとんどにおわなくても、汗をかいて常在菌が増えている状態だと、においを感じるようになるのです。 
 
このタイプのにおいには、銀イオンを使ったデオドラントスプレーなどが有効です。 
ワキや背中にはスプレーを使用しても、胸は見落としがちなもの。使用するときは胸にも忘れずに。 
 
女性の場合は、胸の谷間に汗をかいたり、汗がたまって蒸れることが多いので、胸に挟むタイプの汗とりパッドなどを利用するのも良いでしょう。 

見落としがちな胸のにおい② チチガ

16 
 
汗が出る汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。 
通常の汗くさいすっぱいにおいはエクリン腺から出た汗によって起きるのですが、アポクリン腺から出た汗で常在菌が繁殖したときに起きるにおいは、独特な「ワキガ臭」となります。 
 
このアポクリン腺が胸や乳首周辺にあって、胸周辺がにおう症状が「チチガ」と呼ばれています。 
アポクリン腺の有無や量には個人差がありますが、いわゆるワキガ体質の方の場合、ワキだけではなく胸にもアポクリン腺が存在する場合があります。 
汗はかいたばかりの時は無臭ですので、こまめに汗を拭いたり下着を取り換えることなどは有効です。 
 
また、肉中心の食事から野菜や魚中心のバランスが取れた食事にすることでにおいが軽減されます。 

見落としがちな胸のにおい③ 皮脂の酸化によるにおい

 
17 
 
胸周辺は、汗だけでなく皮脂の分泌も多いところです。 
皮脂が酸化して細菌に分解される時、においが発生します。 
いわゆる「加齢臭」もこの仕組みで発生しますが、皮脂の酸化によるにおいは30代頃から増えてきます。 
 
このタイプのにおいの対策としては、酸化を抑えるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンを積極的に摂るようにすることが大切です。 
 
また、身体を洗う時には「柿渋石鹸」を使うことで、酸化した皮脂ノネナールを減らすことができます。 
においの発生スポットとして胸は見落としがちですが、チェックしてにおいに応じた対策を心がけていきましょう。

無料メール相談 無料カウンセリングの予約

PAGETOP

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
院長 南部 正樹
院長の詳しい紹介はこちら
  • ワキガ(わきが)の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • ウルセラドライ療法開発者の紹介
  • わきが・多汗症治療の治療実績はこちら
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • ニオイの豆知識 ワキガ・多汗症に関する情報満載!
  • 悩みに答える。汗と臭いの改善コラム
アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る